2014年12月28日日曜日

2014年の振り返り

今年もあと4日か。。


早いですね。本当に。

今年は、準備の時間としての立ち位置と並行して、
少しの停滞や焦りを感じる不思議な1年だったなあ。



あれだけ内定時代は、辞めてまた独立でもするか!
って感じだった会社がこんなに好きになるとは思っていなかったし、
仕事はほんとに少しづつだけど、ランクアップしている実感があった。


トレーナーもそうだったし、案件もメインになることや
チームビルディングとかプロジェクトディベロップメントを
0からやる機会も格段に増えたし、
たくさんの執筆の機会や東洋経済への掲載、
センター会でのプレゼンみたいな、外に出ていく機会がたくさん増えた。

目上の先輩がおれみたいなのに相談して来る機会も桁違いに増えたし、
会社の役員の人が直接話してくれる機会もあった。

多分、管理職以上か現場責任者以外知らないような
極秘のプロジェクトなるものもいくつも関わってる。

1月からは隣の部に異動になって、
ますます自分がやりたいことを突き詰めていける環境ができてきた。

仕事はそんな感じで実直に成績が積みあがっていく感覚だったし、
自分の中でも社内外で身を立てていく準備ができた。



プライベートは友人関係はまた広がったし、
友人がそのまま仕事で一緒になるといういい循環もあった一方で、

親戚のおじさんや
何より尊敬していた鹿園先生の死去っていう悲しいこともあったし、
女性関係も何回も失敗しながらだし、
相変わらず英語はできないし、本は読めていない。
体重も入社してから10kgくらい太ってしまった。

気のきいたこととか元々言えないんだけど、
人と会う節々にもっとうまくふるまえたらいいのになと感じることもたくさんあった。

しかもなんか弟が結婚する可能性があり、
年明け実家に彼女を連れてくるそうだ。
結婚とか今すぐには興味もイメージもあんまりないけど、
友人も結婚する機会が増えたりした。

上記の話とはまた違うけど、
昔会社を経営してたときに出来た仲間で、
生き残った同世代の経営者たちが頭角を現してるのとかも、
自分は自分って割り切っていくには、なんだか複雑に感じることが無いわけでは無くて。

それに異動後も、やりたいことができるというのは、
高校の時の校則じゃないけど、「自由には責任がある」と思うし、
これまではある程度先輩のしっぽについていけば、
それなりに「言い訳」ができたけど、
そういうことも少なくなっていよいよ自分で張っていく必要がある部分がより増えていくと思う。


そういうことを考えても、
ちょっとづつポジションややり方、
過ごし方を変えていかないといけないなと思った。

体力勝負、出たところ勝負じゃなくて、
もう1段上にあがっていくためにも、
もっと向き合って行かないといけないんだろうなあ。



来年に向けて休みに英気を養ってスタート出来たらと思う。
良いお年を!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー