2015年1月31日土曜日

背負う力は育てられるのか。

ここ最近、結構まとまって
部や局の人と結構話していく機会が多かった。


大体その中で、
あいつはあーだこーだと、
その場にいない個人への
賞賛と批判が鋭意繰り広げられるのだが、
結構特徴的でどの会にも共通する話があった。


能力やスキルよりも

逃げないこととか、
責任を持てることが、

重要という結論にどの会も帰結していたことだ。



新規事業で今までやったことがないことを事業としてやっていく時に、
まあまあ小さい事故から理解できないレベルのトラブルまで、
往々にしてちょくちょく起きるわけだけど、

現場でも自分は逃げてしまい、後輩(あるいは先輩)にお任せになってる人とか、

プロマネなのにめんどうを人に押し付けている人とか、

部長や管理職なのに有事の際に逃げる人とか、

役職関係なく自己保身にしか興味が無かったり、
ちょっと押されたらブレブレの人とか、


もちろんそんなやつはどの組織にとっても必要ない
と断言できるのだけど、
特にみんな他の要因よりもそれを重きにしていたのだった。

*もちろん自分で抱え込みすぎることと、
 責任を持つことは違うので、そこの理解も大事だとは思うけど。

前の自分の部の部長が
「背中に傷がある人の方が信頼できるだろ」
「背負えよ!!(しょえよ)」
と上記の話と関連することを、連呼していたのを思い出した。


でも一方そんな中で、
これを後天的に育成できる方法を
早急に考えた方がいいと思った。


やっぱり大企業なので、新人や途中から来た人に
任せきれなかったり、上や周りが自分たちでやってしまって、
彼らが育たなかったら価値がなくなってしまう。

権限移譲をもっと意図的にやってあげる方がいいなと思ったし、
スキル自体が未熟でそもそも任せられないなら、
そういう部分を先に強化すべきで、
その後に各種案件をしっかりと権限を持たせてやらせていくべきだと考えていた。



元々のセンスや性格にそれが依存するものだったらどうしよう
という杞憂も今はまだ晴れていなくて。
試していくしかないと思った。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー