2015年5月19日火曜日

ブログと年次が次のステージへ

ご無沙汰しております。


激忙しい生活してたw


このブログを移動することにしました。
みんなが使うはてなにしたよ。


名状しがたいビジネスプロデューサーのようなもの




この2カ月も嵐みたいでしたが、
無事3年目もおわって4年目になりました。


執筆機会が増えまくったり、
取材やカンファレンスも受けちゃったり、
研修で話したり、採用試験見たり、教育係になったり、
新しいプロジェクトリーダーになったり、
それとなく理系広告屋として
ひたすらひっついていた世界から、
なんとなく1歩でてきた気がしまして。




大学院生の時は環境ビジネスやりてーーー!
って思っていたけど、
やればやるほど、ITの案件も面白くて、


でもキャンペーンサイトとか
単に言われたままの
アプリ作っても全然面白くなくて、
ソーシャルゲームも結構遊ぶ癖に
いざ仕事になりそうになると
全くわくわくしなくて、
これは一体何なんだろうと考えていたんだけど、
改めて考えていたことにいきついたというか。


やっぱり自分がわくわくした瞬間は、
某社の顔認識技術を最初にみたときだし、
電子書籍のビューワーがさらさら読み込みが速くなった時だし、
スマホで歩数がとれるようになったツールを入れたときだし、
アメリカでマーケティングオートメーションツール
がどんどんでているとことだし、


ビックデータとか
グロースハックとか
これまでにないテクノロジー発の
トレンドがうまれていることだし、


それを使ってビジネスモデル精査と
プライシングやパッケージ化、
普及とユースケースの考案、
プロトタイピングと、
そのテクノロジーを社会に事業として、
プロダクトとして出して世の中が良くなっているときだなと。




つまり、結局環境科学が好きだったのではなく、
科学技術やテクノロジーを本気で好きだったということで、
それを世の中に出して研究職と営業をつなぐような、
そんな仕事をし続けていたいんだと、わかってきたわけで。


多分これがCAD図面制作機械になっても、
医療技術になっても、おれは楽しいんだなって、そう思ったんです。




だから理系的なビジネス作りというか
技術関連事業の総合統括というか
テクノロジストと話すプロデューサーというか、
今の部署名にプロデューサーっていれているっていうか、
今この世界に職種名として無い職種な気がしたので、
なんとなく、
名状しがたいビジネスプロデューサーのようなもの
ということにしました。
パクってるとか言わないでねw


また別の世界が見えるまで、上記で書いていこうとおもうよ。
引き続きよろしく。




【アーカイブ】過去の執筆活動
spotlight   2015年
グロースハックジャパン 2014年
amp.  2014年

フォロワー